Wednesday, July 23, 2014

title pic 看護師と言う仕事のメリットとデメリット

Posted by admin on 2014年3月16日

看護師と言う仕事に対して、激務と言うイメージを持つ人もいれば、稼いでいるなどのイメージを持つ人もいます。
では看護師と言う仕事のメリット、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
まずメリットとしては、再就職先が決まりやすい、給与は女性が働ける一般的な職場と比較するとかなり高い、総労働時間は長くはないなどです。
デメリットは、命を扱うため精神的にきつく、夜勤、休日勤務、急な呼び出しなどがあり、女性社会ならではのいざこざが多いことなどです。

ナース求人ならここです

自分に合った条件の職場を探す事が可能なサイトです。

title pic 子ども達の遊び場

Posted by admin on

少子化に伴い、親と子供の絆が熱くなっている反面、子供にかけるお金の増加に伴い、共働きの夫婦が増えています。
そのため、家でひとりで留守番をするという家庭が増え、子供がさみしい思いをすることも増えているようです。
そして、今の子ども達には、外で遊ぶ場所が少なくなっています。
昔は放課後も学校を開放し、運動場や校庭で自由に遊ぶことができましたが、最近では、防犯のためということで学校では遊べなくなり、公園も危ないと判断された遊具がどんどん撤去され、またホームレスが公園のベンチで寝ていたりと、子ども達の遊び場がないという現状です。
そういった理由で家でテレビゲームなどをすることが増え、視力低下、運動不足といった現代っ子特有の問題点がいくつか注目されています。

title pic 全身脱毛も夢じゃない!

Posted by admin on 2013年1月15日

しかし、技術の進歩というのは目をみはるものがありますね。
私の若い頃は全身脱毛というと夢のまた夢でしたが、ここ最近は高校生でも可能な値段で全身の処理ができてしまいます。
どうしてここまで低価格になったかというと、明らかに光脱毛の登場が大きいと思います。黒い部分にだけ反応する光でムダ毛を処理してゆくんです。
光脱毛を採用しているサロンの中で若い女性の支持を集めているのがミュゼプラチナム。

以前とは比較にならないほどの低価格でムダ毛の処理を可能にしたはしり。
エステティシャンの手作業とは違いスピーディに処理できるのは、消費者としては嬉しい限りです、

title pic 女性の肌ケア

Posted by admin on 2012年5月14日

朝の女性は忙しいものです。
なぜなら化粧をしなければいけないからです。
肌のケアも欠かせません。
最近では美顔器が人気ですね。

また旅行前の女性も忙しいものです。
荷物をかさばらせないために、持っていく化粧品をいかにコンパクトにまとめるか、バッグの前で格闘しなければならないからです。
その点、男性は気楽だと思います。
起き抜けに着替えて顔をバシャバシャ洗えば外出可能。
最低限の着替えがあれば旅行も可能。
これはまさに男性の特権と言えます。
朝に昼にと、日焼け止めを塗る必要もない。
女性の身からすると、うらやましいことこの上ないですね。
白くてきめ細やかであることを、社会から求められていない男性故のこの特権。
もし来世男性に生まれ変わることがあったなら、ぜひともこの特権を活かしてフットワーク軽く、自由に動いてみたいと思っています。

title pic 無敵の美容法

Posted by admin on 2012年1月22日

世の中にはあらゆる美容法があるようですね。
なるほどと肯けるものもあれば、なかなか過激なものもあったりして、情報の正しさは自分で見極めなくてはいけません。
大事なことは自分に合った美容法をみつけること。
美容に良い食べ物を積極的に摂取しましょう。
肌のタイプ、体質など自分の肌を一番知っているのは自分ですからね。
使うコスメ類も肌に合う優しいものを選びましょう。
基準は値段や香りや容器の可愛さではなく、肌にやさしいかどうか。
肌はそれ自身が健康であれば、回復力も修復力ももっている生きた細胞なんです。
本来もってる回復力を発揮できるように、食事でタンパク質をとり、水分摂取で代謝をうながす。
巡りのよい体に良いことは、肌にもよい事なんですね。
健康は無敵の美容法なんです。

title pic 身だしなみとしての美容

Posted by admin on 2012年1月21日

社会生活をしていると必ず他者を意識しなければなりませんよね。
もちろん、接客業の人であれば必須ですね。
それ以外の業種でも、一緒に仕事をする人達に不快な印象を与えないという意味でも必要だと思います。
まさに、身だしなみ、清潔感のある服装、失礼のない髪型、メイクなど、美容というかむしろ他者への思いやりとか気づかいですね。
こういうことは、立場を入れ替えて考えてみるとやり過ぎるという事がなく、程よい身だしなみの意味がわかりやすいです。
もし、職場にノーメイク、ぱさぱさの髪、あるいは、まるでパーティーへ行くかのような濃いメイクや派手な髪飾りをつけたヘアスタイル、など考えたら、どうでしょう?
自分の職場でのリミットを理解しましょう。

title pic 健康は財産

Posted by admin on 2012年1月15日

年を取ってくると、身体のどこかが悪くなってきたりします。
まあ誰もが同様の経験をすると思います。
これは仕方がないかもしれませんね。
でも、健康は第一の財産です。
習慣としてポリフェノールを積極的に摂取しましょう。
できるかぎり健康の維持に努めるようにするべきです。
さて、健康も財産ですが、本当の財産、つまりお金もやっぱり必要です。
以前なら老後は年金があれば暮らせたわけですが、今後はどうなるかわかりません。
一部で言われているように年金財政が破たんするかどうかはわかりませんが、かなり厳しくなっていくのは事実でしょう。
そのためには早くからマネープランをしっかりと立てておくべきです。
年を取ってから慌てても遅すぎます。
「なんとかなる…」と思っていても、なんともならない可能性のほうが高いと胆に銘じておくべきです。

title pic バッグにこだわろう!

Posted by admin on 2012年1月14日

バッグって普段使いは結構無難な色を選んでますよね。
だって、毎日服に合わせて取り替えると中身入れ替えたりして面倒くさいしね。

ブランドもののバッグも結局定番と言われるものを買っちゃいますよね。
でも、本当のおしゃれさんは、バッグにこだわりを見せるもの。
服の色にあわせて、バッグの色もコーディネイトしてるんです。
同じブランドで揃えるものトータルコーディネイトです。
バッグを合わせるのって、色以外にも形が服に合わせるので、結構難しいんです。
スポーティーな服にはトートや斜めがけショルダーなんかがいいですが、ちょっとシックやフェミニンな服には「ハンドバッグ」タイプのカワイイのも合いますよね。

小さいバッグはアクセントカラーとしても効くので、ビビッドな色のものを選ぶと地味目な服だと特に映えてとてもおしゃれになりますよ。
また、大きなバッグでも、ロゴやポケットにアクセントカラーがあったりするとカワイイ。

だけど、ご予算の関係で定番商品しか持ってないってかたは、チャームとかのアクセサリーでバッグにアクセントをつけるって方法もあります。
何系統かの色のアクセサリーをそろえておけば、バッグの中身を入れ替えなくても、服に合わせてアクセサリーを取り替えればいいもんね。

また、バッグインバッグなんかもバッグを取り替えるときに便利なので、おすすめです。

title pic 髪型と男女のギャップ

Posted by admin on 2012年1月5日

可愛い系の女子になりたいと思って努力しても、なんかイマイチもてない子っていますよね。
その原因の一つに女の子から見た「カワイイ」と男から見た「カワイイ」に違いがある場合があります。
男女の性差の問題なのです。
実際、女子の「カワイイ!」発言に、「?」と思う男性はかなり多いようです。
こうしたギャップは髪型、服装、メイクなどあらゆるところで見られます。
例えば髪型に関しても、黒髪のロング系やポニーテールはいつの時代も男性に高く支持されています。
あまり個性的な髪形をするよりも、スタンダード+ちょこっとオリジナル…ぐらいの髪型が男性には人気のようです。
またアンケートをとると「巻き髪」系は不人気のようです。
こうした男女のギャップを意識してヘアースタイルを考えたいですよね。

title pic ネガティブな集団に入るな

Posted by admin on 2012年1月4日

会話がはずむのは楽しいものです。
でも会話がいつも楽しいわけではありません。時には苦痛なことも…。
話すと楽しい人もいますが、話すことすらイヤに思う人もいます。
ある看護師さんの場合、務めた病院がまさにそんな感じだったそうです。
すぐに新たな職場に移られたようですが、
そうした違いが出来る原因には、相性の問題も大きいと思います。
ですが、原因はそれだけではありません。
多くの人が話をするのを嫌がる人というのがいます。
典型的なのがネガティブな人です。
口を開くと人の悪口、不満に愚痴…。
そんな話ばかりだと誰もが聞くのをイヤになりますよね。
話している本人は自分の話が人を不快にさせていることに気がついてなかったりします。
自分がそうした不快感を与える人にならないようにしたいですよね。
また、ネガティブなことばかりを言うネガティブ集団というのがいます。
そういう集団とは距離をとるということも快適な生活を送る上で大切なことだと思います。
一度しかない人生ですから楽しくいきたいですよね。